沖縄県の中心地、那覇市へようこそ!

Pocket

沖縄の県都、那覇。
沖縄県の政治経済の中心地で、県内最大の人口を誇っています。
そんな那覇市は、那覇空港や那覇港を有していて、沖縄県の玄関口としての顔も持っています。
那覇の歴史は古く、琉球王国から現在まで、沖縄のひと・もの・情報の交流の中心地として役割を担っており、独自の文化を発展させてきました。
そんな那覇市で一番有名なスポットといえば、やはり首里城ではないでしょうか。

【那覇のシンボル・首里城】

首里城は、1429年から1879年までの450年間に渡って存在した琉球王国の城です。
琉球王国の栄華の時代を華やかに彩った首里城ですが、1945年に沖縄戦で焼失してしまうという悲しい歴史を持っています。
今ある首里城は、1992年の沖縄本土復帰20周年を記念して復元されたものです。
復元されたものとはいえ、中国と沖縄の築城文化が融合して建てられた独特の建築様式や石組みが評価され、2000年に世界遺産に登録されました。
他の日本の城とは異なる、鮮やかな朱色や赤瓦で飾られたその姿は、那覇のシンボルともいえるでしょう。
また首里城のある首里エリアは、沖縄ならではの赤瓦の家や石畳道などがあり、まるで琉球王朝時代へとタイムスリップしてしまったかのような気分を味わえます。石畳道などは人も多くないので、静かに沖縄を感じたい方へオススメのスポットでもあります。

044f2074c6dc4e09d274b782ab168f6a_s

【琉球王国一家の墓・玉陵(たまうどぅん)】

首里城と同じく、那覇にある琉球王国関連で外せない施設は玉陵(たまうどぅん)ではないでしょうか。
玉陵は、琉球王国の国王であった尚円王のお墓として作られ、その後の国王一家の陵墓にもなっています。
造りは当時の宮殿をイメージさせる石造建造物となっており、日々多くの観光客が訪れています。
こちらの玉陵も首里城と同様、沖縄戦で大きな被害を受けましたが、修復され現在では当時の姿を取り戻し、2000年には首里城と同様、世界遺産にも登録されています。
ここ玉陵は、首里城から非常に近いですので、首里城を訪れた際には一度行ってみるのもいいかもしれませんね。

54473b1069e0bc1f0f5b4c9772436a96_s

【那覇の焼き物・壺屋焼】

琉球王国があった時代に中国から琉球へ伝えられたといわれる南蛮焼。
南蛮焼は壺屋焼のルーツであり、現在でも製造されています。
壺屋焼の特徴は、どっしりとした重量感があることでしょう。
壺屋焼には「上焼」と「荒焼」の二種類に分けられます。
①「上焼」
上焼は、素焼きの段階の陶磁器に塗る薬品である釉薬(うわぐすり)をかけ約1200℃の高温で焼かれたものをいいます。
この際使用される釉薬も、壺屋焼独自の釉薬で、暖かみのある色合いに仕上げてくれるものとなっています。
上焼は、碗や皿、壺などの日常で使用するものが多く、壺屋焼の主流ともいえるでしょう。
②「荒焼」
荒焼は、南蛮焼とも呼ばれ、釉薬をかけずに約1000℃で焼き上げるものです。
製品は、酒甕、水甕類などの大きな容器を中心に製造されています。

壺屋焼は、那覇市にある壺屋地区で今から300年以上も前に作られるようになりました。
しかし、沖縄という地理的条件から、なかなか日本本土へ知られることがなかったといわれています。
ところが、大正時代に多くの陶芸家によって本土のほうで紹介され、今日では人間国宝の金城次郎さんも誕生するまでになりました。
沖縄には様々な焼き物がありますが、そのなかでも壺屋焼は長い歴史をかけ誕生した沖縄が誇る文化の一つです。

沖縄の中枢を担う都市として、都会的な雰囲気を持っている那覇市。
しかし、琉球王国の歴史が息づいているエリアでもあります。
そんな那覇市の持つ独自の歴史や時の流れにあなたも身を任せてみませんか。

道の駅では新鮮な野菜や果物を買うことができます。 那覇市と豊見城市にまたがる漫湖を擁し、緑豊かな街並の豊見城市。土地探しをするなら豊見城市の土地を紹介しているこのサイト!

顧客の管理は重要な事で、信用の為には徹底して行っていなくてはなりません。どの会社でも顧客管理を行っていますが、効率的に管理していないと分析には使えません。不動産の顧客管理は一つ一つの情報も細かく量も多いので扱うのに時間もかかり大変です。クラウドを利用する事で効率化を図り追客や、顧客対応にあてる時間を増やすことが出来ます。対応によってお客様の満足度も変わってくるので、お客様一人一人に掛ける時間が多いと追客のアップにつながります。簡単に短時間で、メール作成する事も可能なので、不動産業務の時間を短縮する事が出来来ます。既に利用していただいているお客様への対応をより丁寧にし、新たな顧客を得るのに業務の効率化は重要です。