那覇の住宅の特徴を知ろう!

Pocket

本土の方が沖縄県『那覇市』を訪れた際、「思ったより、都会だった。」と思うことが多いそうです。
沖縄は”緑が豊富”、”穏やかな雰囲気に包まれている”などのイメージが強いかと思います。
しかし、沖縄の経済の中心を担う那覇市は都市化が進んでおり、人口約31万人を有する賑わいのある地域です。

また那覇市には世界遺産やエメラルドグリーンに輝く美しい海、数多くのお店が何軒も連なっている国際通りと、観光客に人気の観光スポットが豊富にあります。
そのため、那覇市では多くの人が行き交う光景を見受けられるのが特徴となっています。

さて、そんな都会的な面を持つ那覇市ですが、住宅の特徴は一体どんな感じなのでしょうか?

【那覇市の住宅は主にどんな感じ?】

沖縄の住宅といえば特徴を大きく3つに分けると、『琉球王朝時代の雰囲気が残る伝統的な住宅』、『近代的な鉄筋コンクリート構造の住宅』、『アメリカ感のある住宅』になります。
様々な文化を感じ取れる・・・それが沖縄の魅力の一つです。

台風が接近する事が比較的多い沖縄は、鉄筋コンクリートで構造された住宅が主となっており、那覇市には鉄筋コンクリート構造の住宅が多く建てられています。
一階が駐車場となる住宅は敷地面積に無駄なスペースが無い様に造られているのが特徴的です。
また、断水が多いため屋上や一階の駐車場に貯水タンクが置かれているのも”沖縄らしさ”のひとつだと言えます。

c732aa43efb500e8db66d4c11f68992c_s

【都市化が進む那覇市でもエリアによって伝統的な住宅もある】

那覇市内全体に近代的な住宅地が広がっているのではなく、中には昔ながらの住宅もあります。
琉球王朝の王城・首里城がある首里には、沖縄の独特な雰囲気が溢れる琉球古民家が数々見受けられます。
また新築一戸建てには、鉄筋コンクリートで造られた住宅にシーサーや一部に赤い屋根瓦を取り入れている、沖縄らしさが際立つ住宅もございます。
それが那覇市の住宅の特徴であると同時に、沖縄を訪れる多くの人々を惹きつける魅力の理由になっているのではないでしょうか。

3dce200d0d4badb05c39a7d978fc3a33_s

ぜひ沖縄県に引越しを検討するなら、多彩な魅力を持った『那覇市』で沖縄らしさを残した住宅に住んでみてはいかがでしょう。