沖縄移住するなら那覇市で仕事を探そう!

Pocket

沖縄県には、「仕事がない」と思っていませんか?
確かに沖縄県の有効求人倍率は全国で最下位です。(有効求人倍率とは、毎月厚生労働省から発表される“仕事を探す人1人に対して、何人分の求人があるかを示す指標”のこと。)
これが最下位ということは、沖縄には仕事が少ないと言えるでしょう。
しかし、仕事に就けないかということではありません!
沖縄県でも特に那覇市であれば、ちゃんと仕事に就くことはできるのです。

【那覇市にはちゃんと仕事がある!】

仕事が少ないと言われている沖縄県ですが、それなら県庁所在地・那覇市で考えてはいかがですか?
那覇市は、沖縄の中心都市ということで、多くの企業が会社を構えています。
地震が少ない地域ということで、大企業だけでなくコールセンターなどの支店も豊富です。
そのほか、観光産業を活かした飲食店やお土産屋さん、観光施設も多いため、仕事の種類も多種多様にあります。
なので、「仕事が少なくて選べない!」というよりは、「仕事の種類が多すぎて選べない!」というのが適切かもしれません。

那覇市
参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E8%A6%87%E5%B8%82

【那覇市での仕事探しは積極的に!】

那覇市の求人広告はそれほど多くはないです。
でも、そこで仕事探しを諦めてしまっては、自分に合った仕事に就くのは難しいでしょう。
実は沖縄の会社は、大々的に求人広告を出すことはあまりしません。
ただ大々的に募集は行っていないけど、人手は足りていないというのが実情です。
自分に合った求人広告がなければ、募集していなくても問い合わせてみることをオススメします。
問い合わせてみた結果、面接をしてもらい採用されたという話も少なくありません。
そのため、那覇市での仕事探しは積極的に自分で動くということがカギとなるでしょう。

仕事探し

【寮付きの仕事は那覇市では探しにくい】

沖縄移住するにあたって、寮付きの仕事を探している人も多いかもしれません。
寮があれば住む場所をわざわざ自分で探す必要もないですし、一般的な賃貸物件を借りるよりも安価で住めたりします。
場合によっては食事も付いていたりするので、やはり魅力的です。
しかしながら、市内で寮付きの仕事を探すことは難しいでしょう。
もちろん探せば見つかるかもしれませんが、それはごく稀。
人が集まりやすい那覇市内に、わざわざコストとリスクをかけて寮を持つ会社はほとんど無いのが現実なのです。
「絶対に寮がある仕事が良い!」と思っている人は、那覇市ではなく、県北部の西海岸沿いに広がるリゾートエリアがオススメとなります。