日本有数の車社会「那覇市」の車事情!

Pocket

沖縄県には鉄道が走っていません。
那覇市内では、モノレールやバスなどの公共交通機関が利用できるものの、車移動をメインとするのが一般的です。
そのため、日本でも有数の車社会と言われており、道路が渋滞することも日常茶飯事。
ここでは、そんな那覇市の車事情についてご紹介します。

車の渋滞

【車両保有台数は約100万台!】

沖縄県内のすべての道路実延長はなんと約8,000kmにも上るとされています。
那覇市から北海道の札幌市間は、直線距離で約2,200kmなので、非常に道路が多いことを伺い知ることができます。
また車両保有台数は約100万台(原付を除く)となっており、県外の人は車の多さに驚くんだとか。
それもそのはず。沖縄県民は、ほとんどの人が自分の車を持っているのです。

【一人一台車を持つのが当たり前!】

車社会となっている沖縄県では、一人一台車を持つことが当たり前です。
移動する手段として車を利用しているので、趣味のドライブのためではなく、毎日の通勤や通学の足として使っています。
もちろん那覇市もそれは同じで、18歳になれば高校生の間に自動車教習所に通って免許を取得し、大学生になるころには多くの人が自分の車を所有しています。
そのため、沖縄県民からは特に中古の軽自動車が人気です。
理由としては、価格がリーズナブルであることと、燃費が良いということが挙げられるでしょう。
家庭でいくつも車を所有することになるので、軽自動車だと費用を節約できるのです。

【道路が渋滞することは日常茶飯事!】

一人一台車を持ってる沖縄県民ですから、道路が渋滞することも日常茶飯事になります。
その渋滞は全国ワースト5に入るほどで、那覇市は特に覚悟していたほうが良いでしょう。
市内には国道58号線や国道330号線などの主要道路が走っていますが、朝の通勤通学ラッシュ時と夕方の帰宅ラッシュ時は必ずといっていいほど渋滞します。
また国際通り周辺やおもろまちエリアも同様です。
金曜日と雨の日はそれよりさらに渋滞しますが、県民にとってはそれが日常なのです。

国道58号線
参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E8%8C%82%E5%9C%B0

【沖縄ナンバーより「Yナンバー」に注意!】

那覇市では、主要道路である国道58号線や国道330号線でも、ゆっくりと走っている車を見かけることがあります。
運転マナーもさほど良いとはいえませんが、それより注意したいのが「Yナンバー」の車なのです。
Yナンバーは米軍関係者の所有車で、米軍基地の兵士や関係者に割り当てられています。
基地が置かれた沖縄ならではのナンバーだと言えるでしょう。
この車と事故を起こしてしまうと、とてもややこしくなってしまいます。
米軍・日本両方の警察がくるので手続きも面倒くさく、一般的な交通事故の事後処理よりも倍以上の時間がかかることも。
法律などのややこしい問題も関わってきますので、車を運転する際は注意しておいて損はありません。