那覇市の住宅の台風対策!備えあれば憂いなし

Pocket

那覇市の住宅で生活を送るのであれば、台風対策は必要不可欠。
本土ではあまり対策をしなかったという人も多いですが、沖縄で暮らすなら毎年6〜9月ごろの台風対策を怠ってはいけません。
また、那覇市は県内でも中心都市として発展してきたことから、鉄筋コンクリート住宅が一般的です。
台風時の強風に耐えうる強度はあるかもしれませんが、しっかりと台風対策をしていたほうが安心でしょう。

台風

参考URL:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%88%9021%E5%B9%B4%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E7%AC%AC18%E5%8F%B7

【強風で窓ガラスが割れる!?】

沖縄県を通過する台風は、もっとも勢力が強いときが多いです。
そのため非常に雨風が強く、小石などが飛んでくることも。
台風時に窓が割れるといった被害が報告されることも少なくありません。
特に那覇市は多くの建物が密集しているため、さまざまな物が飛んでくることが予想されます。
窓ガラスが割れた時を想定して、ガムテープを「×」と貼っていれば、割れた時に破片が飛び散ることを防ぐことが可能です。
紙テープだと台風が去ったときに剥がすのに苦労してしまうので、ガムテープや養生テープを使うことがポイント!
また台風時は非常に雨風が強いので、窓を閉めていても隙間に水が溜まってしまいます。
そこで、窓のサッシに新聞紙(または吸水性の高いタオルなど)を詰めておけば、水が室内に侵入してくることを防げます。

【ベランダの物はすべて室内に!】

ベランダに置いている観葉植物や物干しざおなどは、すべて室内へ移動させましょう。
窓ガラスが割れる原因となるだけでなく、飛んでいってしまい他の人の被害になることも考えられます。

【台風の影響で断水することも!】

那覇市では最近あまりありませんが、県内では台風の影響で断水することも。
昔に比べてもだいぶ復旧は早くなったものの、もしもに備えて水の確保をすることも重要です。
飲料水として、ミネラルウォーターを買い置きしたり、水道水をペットボトルなどに保存しておくと良いでしょう。
トイレも流せなくなってしまうので、お風呂場に浴槽があれば、そこに水を貯めておくこともオススメします。

【食料をあらかじめ調達しておく!】

沖縄県の流通は船や飛行機しかないので、台風が通過すると、それらがすべてストップしてしまいます。
那覇市内には多くのコンビニやスーパーがありますが、どの店舗でも数日間は品薄状態になることが予想されます。
そのため、食料はあらかじめ調達しておくと安心です。
またガスや電気が止ってしまったことも想定して、それらを使わずに食べられる食料も確保しておきましょう。

スーパー

参考URL:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88

このように、台風時はしっかりと対策をしましょう。
台風慣れしている沖縄県民も油断は禁物!
台風対策をしておくことで、大きな被害を防げるかもしれません。