漫湖公園(くじら公園)は那覇市民の憩いの場!

Pocket

那覇市の中心街からほど近い場所にある「漫湖公園(くじら公園)」をご存知でしょうか?
漫湖公園は、沖縄本島の南部を流れる国場川の河口でできた干潟にあり、饒波川も流れ込んでいます。
中心街から近い場所にあるものの、漫湖に面していることから、非常に緑豊かな総合公園です。
身近なところに自然があるので、お散歩がてら漫湖公園を訪れてみることをオススメします。

【ラムサール条約登録湿地に指定されている!?】

漫湖公園には巨大な天然のマングローブ林が残っています。(マングローブとは、熱帯・亜熱帯の河口付近の湿地帯などの干潟に生育する樹木の総称。)
3種のマングローブ植物を見ることができ、それぞれ特徴的な形を楽しむことができます。
国の鳥獣保護区特別保護地区に指定されている漫湖のマングローブ林は、1999年には湿地を保護するラムサール条約にも登録されており、特に水鳥の生息地として国際的にも重要な湿地です。
たくさんの渡り鳥が飛来することでも有名で、県内では野鳥約400種が確認されていますが、その百数十種が漫湖周辺で確認されています。
マングローブ林には、野鳥のエサとなるゴカイ類・カニ類・魚類が多く生息していることから、多くの野鳥が見られるのでしょう。
また、冬になると世界でも数が少ないとされるクロツラヘラサギも定期的に訪れるとあって、バードウォッチングも楽しむことができます。

マングローブ

【地元の人たちの憩いの場!】

漫湖の両岸は、地元の人たちの憩いの場になっています。
水面からでたクジラをイメージした大きな遊具があることが、漫湖公園が「くじら公園」とも呼ばれる由来です。
園内にはテニスコートを始め、スポーツ施設も数多くあることから、思い思いにスポーツを楽しむ人々で賑わいをみせます。
それだけではなく、総延長1.2キロのジョギングコースがあり、沿道に熱帯植物や亜熱帯植物が多く植栽されていて木陰が多くなっているため、快適にジョギングを楽しむことができます。

【ちょうちょと触れ合えるちょうちょガーデン】

広い漫湖公園の中でも、あまり知られていないのがちょうちょガーデン。
ちょうちょガーデンでは、入場料無料でオオゴマダラという蝶々を見ることができます。
大して大きな施設とはいえませんが、たくさんのちょうちょを見られるとあって、子どもたちに大人気です。
自由研究の材料にもうってつけなのではないでしょうか。

オオゴマダラ