ゲストハウスに泊まってプチ移住をしよう!

Pocket

「沖縄に移住したい!」
そう思わせるほどたくさんの人々を魅了する沖縄ですが、なかなか移住を決断するというのは難しいことです。
移住すると思い立ってはみたもの、仕事も住みたい場所もよくわかっていないことが多々。
具体的なライフプランやイメージは持っているけど、不安が強くて踏み出せない、といった人も少なくないようです。
そんなときに役立つのがゲストハウス!
ゲストハウスに宿泊・滞在することで、気軽に移住生活が体験できます。

ゲストハウス

【そもそもゲストハウスとは?】

そもそもゲストハウスとはどんなものかご存知でしょうか。
利用したことがない人にとっては、まったく聞き覚えのないものかもしれません。
そんなゲストハウスは、日本では主に沖縄や京都、そして北海道などでよく見られる宿泊施設のことです。
施設によってスタイルは異なりますが、その多くはトイレ・シャワー・台所などのスペースを、ほかの宿泊者と共有で使用するケースがほとんど。
つまり、シェアハウスのような宿泊施設となっています。

<メリット>
・宿泊料金が安い。那覇市内でも1泊1,000円以下で泊まれるハウスも!
・ほかの宿泊客とコミュニケーションがとりやすいため、旅行やプチ移住が、さらに楽しくなるかもしれない。

<デメリット>
・メリットでも挙げているが、ほかの宿泊客との距離が近い。
・ホテルのようなプライバシー空間を保つことが難しいため、ストレスを感じる人も。

【ゲストハウスに泊まってプチ移住!】

ゲストハウスの宿泊料金は非常にリーズナブルです。
月額でも約3万円で宿泊できるハウスもあるため、移住生活を体験したいのなら、ゲストハウスの日数分の宿泊費とその期間中の滞在費があれば、すぐにでもプチ移住ができます。
まずはゲストハウスに泊まってみることで、地域の特色などを自身の肌で感じることができるでしょう。
滞在期間中に生活費や不動産情報、そして仕事の求人情報などを調べれば、だいたいの生活費を把握することが可能です。
そのため、ゲストハウスに泊まってプチ移住をすることは、本格的な移住のシュミレーションをするには最適だと言えます。

那覇移住のシュミレーション

【上級者編!ゲストハウスに住民票を移す】

実は、必要であれば自身の住所をゲストハウスに移し、住民票を取ることもできるのです。
不特定多数の人が同一住所で申請しても大丈夫なので、本格的に沖縄移住をするのであれば、その第一歩としてゲストハウスに住民票を移すというのもアリ。
もちろん、それぞれのゲストハウスには方針がありますので、そういったことは各ゲストハウスの管理者に相談することをオススメします。